アリゾナ→カリフォルニア→オハイオ→テキサスと犬連れで引越し。アメリカ広し所替れば、4州目となるテキサス州ダラスでの犬sとワタシの生活を綴ります。


by YummieD
カレンダー

<   2008年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

夏の楽しみ

今日はご近所に住むY子さんご夫婦を家での鉄板焼きにご招待。暑いから鉄板焼きというのはY子さんご夫婦には迷惑だったかもしれないが、大人数で食べる鉄板焼きは楽しいし、何より暑い暑いと言いながら飲む冷たいビールはとりわけ美味しいしねと、独断。
Y子さんがおみやげに持ってきてくれたもの、それは手作りのフレッシュなストロベリーダイキリ。ああ、シアワセ。ミントの香りもさっぱりしていて美味しい。一年中おいしいかもしれないけどこのシアワセはやっぱり暑いダラスで味わうからこそ。
d0145173_7345116.jpg

メインの鉄板焼きはどうでもよくなりダイキリの写真のみアップ。ありがとう、Y子さん。
[PR]
by YummieD | 2008-07-05 23:20 |

Happy 4th of July!!

今日は独立記念日。皆さんはパレードや花火を見に行ったり、またはお庭でバーベキューパーティ?ウチは地味に過ごしてますよ。
d0145173_5581454.jpg

←日本の花火と比べたらさみしい...



その理由は↓、ウチの愛子様。
d0145173_6154122.jpg


過去、カリフォルニアで過ごした2件の家もオハイオの家もたまたま花火には縁があり家からでも花火が楽しめる場所にあった。=迫力のある?花火の音もよく聞こえた。ワタシがキッチンでスプレーのオイルをフライパンにシュツとしただけで、隣のリビングルームにいるあいこは飛び上がる。だから彼女にとっては7月4日は全く楽しくない1日だったのである。花火の間はずっと震えてクライマックスには息もゼイゼイしている。あいこが来て最初の年、それを知らず出かけてしまい帰ってきたらあいこがいなくて本当にびっくりした。家中これ以上進めない、というような端っこにまで逃げて小さく丸まっていたのである。

今年はダラスで迎える最初の独立記念日。近くに花火を打ち上げるような公園もなさそうだが念のため待機?ちょっと高台にある家の2階からは、そんなに近くではないがパノラマ上で7,8箇所の花火が見えた。音もそんなに大きくはなかったけれどあいこさんはこうして暗いランドリールームへ避難。

あまりに不憫でダイエット中のあいこにも今日はいつもより多くおやつのチキンジャーキーをあげた。お祝いだからいいよね。Happy 4th of July!
[PR]
by YummieD | 2008-07-04 22:54 | 犬S

いつもの散歩道

d0145173_8223658.jpg

これなに?いつもないよ。

d0145173_8273210.jpg

明日は独立記念日。いつものケーティの散歩道にも旗が並べられ、お店にはバーベキュー用品やアメリカ国旗のついたTシャツなどが並べられ、町はすっかりお祭り気分。
[PR]
by YummieD | 2008-07-03 18:35 | 犬S
何年も前に買った「鷹の爪」、賞味期限ってやっぱりあるの?生モノじゃないしね、まあいいやって結局使いきってしまった。でも辛さは弱りきっていた。辛いもの好きのワタシとしては、やっぱり新しいガツンと辛いのが欲しい。
韓国マーケット、きゃーすごい、赤唐辛子の種類!でも全て粉になってる~、こんなのがキムチにどさっと入ってるんだ。ベトナムマーケット、生の赤唐辛子はあるけれどこんなに使わない。うーん。無駄な抵抗と知りながらアジア系のマーケットに行く度赤唐辛子がありそうなセクションはチェックしていた。無い、無い...。
ふっと、そうそうメキシカンだったらあるでしょ、よくキッチンの飾りになっているしピザ用レッドペッパーよりいいよね?と思って覘いた家から一番近いスーパーウォルマート、あるかな、あるかな、とちょっとドキドキしながらみたらご丁寧に”JAPANESE STYLE HOT CHILI"!
もう一つ普通のチリがありそっちのほうが日本で見ていた赤唐辛子に近い気がするけれど、うーんここまでしっかり日本式なんて書かれていると反抗して買う気になれず。
d0145173_7572763.jpg

なんだかこのオネエサンの絵が全く合っていない気がするがやっと唐辛子が手に入りメデタシメデタシ。それにしてもこのオネエサンに会うまで長い道のりだった。
[PR]
by YummieD | 2008-07-03 17:24 |

2008年も半分終わる

6月が終わってしまった。2008年も残すところあと半分である。
去年の暮れから今年の2月までは、病院通いが続いてしまった。元々丈夫だし、アメリカに来てから10年、検診と歯医者以外は全く病院には無縁だったというのにその分どっさりやってきたという感じであった。結局のところ心配することは何も無し、至って健康なのだが病は気からと言うとおり次から次に送られてくる病院からの請求書を見るたび病気になりそうだった。この国の医療及び医療費のシステムは理不尽である。日本に帰国した際に受けた健康診断で胃カメラの検査を受けなくてはいけないとわかっているのに、それを受けるに達するまでに2人の先生を通さなくてはならず「ワタシ、バリウム検査で影があったので胃カメラが必要なんです」といちいち説明しなくてはいけなかった。説明だけなら何度でもするが、その説明だけで各医者より数百ドルの請求が来た。本当にお金が欲しくて必要ない検査してるんじゃない?と言いたくなることもあった。

結局はどこも悪くなく何事もなく健康だったんだから、と日本の家族や友達には励ましてもらったが、なんとなーく分っていても暗くなるのは請求書を前にしたJ男とワタシである。
そんなことがあって、この国では本当に病気になれないと実感!!

そんな半年、あっという間に過ぎてしまって気持ちはあせる。ただ、3日坊主のワタシにこの半年ちょっとだけ頑張ったことがある。

それはダイエット。過去数年上り坂だった体重が2年前オハイオ州に引越して以来ワタシもJ男もアイコまでが急増してしまったのである。不規則な生活、ストレス等、不健康極まりない。でも今回は健康が一番大切であることを実感した。この半年で22ポンド(約10キロ)の減量に成功。J男は40ポンド(約20キロ)、アイコは7ポンド(約3キロ)犬なりに健闘している。

今回のダイエットはとても健康的で「我慢する」という気持ちがあまりなかった。
添加物、加工品を避けオーガニック食品を摂る様にした。ワタシが参考にした本では食べたーい、と感じてしまうのは全て食品に入っている添加物がそうさせる、ナチュラルなものを食べていれば難なく消化をし身体に悪いものが残らない、食品に入っているケミカルがもっと食べたーいとお腹をすかせるとか。この本については色々ご意見もあるようだが、私はこの方法で身体の調子が良くなり自然と体重も落ちた。

もちろん運動も習慣にするようにした。散歩好きのケーティーと歩き、20~40分位の運動をDVDで週に5日以上するように心がけた。最初は体力がなくて20分も続けられなかったし、ダンベルも重くて仕方がなかった。だけど継続は力なり。だんだん重いダンベルを持ち、筋肉もついてきた。
d0145173_12314127.jpg→だんだん重くなってきたダンベル。左から3,5,8ポンド


6ヶ月坊主にならないようこの習慣だけは続けないと。年末までに体重を減らすというよりトーンをつける必要あり。ダンベル振って(?)頑張るぞ!
d0145173_14283177.jpg←エクササイズを始めると必ず「あ~ウルサッ」と言うように去っていくあいこ、傷つく~。
[PR]
by YummieD | 2008-07-01 22:26 | ダイエット