アリゾナ→カリフォルニア→オハイオ→テキサスと犬連れで引越し。アメリカ広し所替れば、4州目となるテキサス州ダラスでの犬sとワタシの生活を綴ります。


by YummieD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Happy Ending!!

久し振りの更新です。三日坊主なYummieDのことだからきっとブログ辞めちゃったのね~なんて思われちゃってる??!
日本から10日程友達が遊びに来ていてくれていて、その前から片付けやら何やら忙しくしていた事と、誕生日に買ってもらったばかりのラップトップが突如調子が悪くなり修理に出していたりでなかなか更新が出来なかったのです。
で、で、で!前置きが長くなりましたがワタシはずっとブログを更新したかったのですよ、ホント。それはとっても嬉しいことが起こったから!

ヘイリーに新しいお家が見つかったのです!!!
それもとってもとっても良い人でワタシが願っていた、理想に近い人なのです。

Petfinderを見てHaleyについて興味があるので色々聞きたいことがある、とメールがあったのだが、そんな時に限って2日程メールをチェックできなかった。その翌日もHaleyはまだavailableなのかとメールが入っていた。ワタシから返信がなかったので、Petfinderにヘイリーのアドを載せてくれていたCollin County Humane Societyにも連絡をしてくれていたようでそこからCamp Bow Wow(デイケア)に連絡が入り土曜日の4時半にCamp Bow Wowで会うことになった。Camp Bow Wowのオーナーのエイミーが言うには、この人はジョギングをするので一緒に走れるような犬を探している、ということでハイエネルギーなヘイリーにはぴったり。ただし、アパートに6ヶ月契約で入っているのでその後犬が飼えないアパートに引っ越すことがないか、それが心配と言っていた。

土曜日の午前中、メールですぐに連絡が出来なかったこともありJ男がこの人に電話をしてみた。こちらからもヘーリーがどんな犬か説明すると同時に、彼からはどれくらいの運動量が必要か、どんなフードを与えているのか等なかなか犬に詳しそうな質問。

午後4時半ちょっと前ににCamp Bow Wowに着いて彼が来るまで外で散歩をしているとSUVが止まり、中から若いお兄さんが出てきて近づいてきた。ワタシ達が、彼がヘーリーに会いに来てくれた人かどうか確認している間にも不思議なことにへーリーは尻尾フリフリ大喜び。そのまま立ち話をしたが、なかなか良い人。大学を卒業したばかりのワカモノと聞いていたのできちんと責任が持てる人なのかどうかも心配だったが、とっーてもしっかりした落ち着いた人でエンジニアとして今年の1月からダラスの会社に就職しているそう。

自分はずっと犬と育ち、これまでも犬を何度かアダプションしてきたと言う。もちろん今までは家族が主としてやってきたことで、ずっとパピーから育ててきた。だけどパピーはもらわれやすいから今回は1歳くらいの少し里親探しが難しくなってきた年齢の子をアダプションしたいと考えていたそう。また犬との暮らしを望んでいたけれど、仕事のシフトやアパートのこと、全てが落ち着くまで犬を探すのを待っていて今やっと準備が出来たと言っていた。動物を飼った後から仕事が~とか家が~とかの理由で犬や猫を手放してしまう人って多いからね、この二つでワタシの心はOKサインを出した。それに半年後には一軒家を友達とレントすることになっていてその友達もブラックラブを飼っているのでヘーリーもまた犬と一緒に住める。

きっと今日ヘーリーを見て、少なくとも1日くらい考えるのかなって思っていたけれど彼はヘーリーのことをすごく気に入ってくれて気持ちは固まっていると言う。まさかまさか、今日お別れとは思ってもいなかったけれどそのまま家に来てもらい必要な物(病院の記録やフードなど)を持って行ってもらうことになった。

この方↓がヘーリーの新しい家族となってくれたアダム。犬の扱いにもすごーく慣れていて犬が好きなのも一目瞭然。この人だったら何も心配することは無い。ワタシたちより犬の扱いも上手いはず。d0145173_12375891.jpg
ヘーリーと暮らした3ヶ月強、あっと言う間のようでもあれば、え?たったそれだけだったの?という感じも。

さよならの日が来るのがあまりに突然だったけど、ここ数日の犬たちの行動や私の言動、全てこの日を予知していたような気がする。それについては続編?を書きます。
急なことだったから何も用意してあげられなかったけど、ニオイのついたベッドとお気に入りの綿の抜けたぺったんこアライグマ↓を持たせた。
d0145173_13264236.jpg
ヘーリー、幸せになるんだよ~。家で家族にしてあげられなくてごめんね、でもヘーリーにとってはアダムのお家のほうがずっとずっと楽しくなるよ!
嬉しい、だけど同時にすごーく寂しくて気が抜けてセンチメンタルなワタシなのです。

そしてそして最後にヘーリーのことを心配して気にかけてくださった皆様、本当にありがとう!!
ヘーリーは絶対に幸せになります!!
[PR]
by YummieD | 2008-10-18 23:00 | 犬S