アリゾナ→カリフォルニア→オハイオ→テキサスと犬連れで引越し。アメリカ広し所替れば、4州目となるテキサス州ダラスでの犬sとワタシの生活を綴ります。


by YummieD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

貧乏性

仕事では書類等自らオーガナイズして仕事の効率が上がるよう工夫もしていた(はず)。だけど自分の片付けは苦手。面倒臭い、ということも一理あるが、その原因のひとつは「もったいない」の貧乏性で物を捨てられないところにあると思う。

でもアメリカでは衣類などはグッドウィルみたいに不用品引き取ってくれるところがあるし、気分的には捨てるわけではなく誰かのためになる、と思えば貧乏性もちょっと軽減。自分が学生で貧乏だった時代は、グッドウィルを実際に利用することもあったので、どんな物があるかも結構詳しい。本当にすごい掘り出し物から、こんなのまで売ってるんだーとびっくりするような物まである。ワタシは以前、寂しい一人暮らしの部屋にクリスマスツリーやその飾り付けを買ったりしたけれど、誰かが利用した松葉杖なんていうのもアリなのだ。

ダラスに着てからは定期的に色々な団体から不用品を寄付してくださいと、ハガキやゴミ袋のような大きなプラスチックバックがドアに残されている。団体はその不用品を売ることによって資金を作ることになる。
d0145173_1114264.jpg
団体は様々だけど、せっかくであれば子供の病気や動物を救ってあげることに貢献したいな。と、いうことでいつも不要品を箱にいれて↑のようなバッグが来て○曜日に外に置いておけば収集に来てくれると言う時にまとめて外に出す。

今回もアニマルシェルターへ。d0145173_11402495.jpg
まだ新しいけれどゆるくなってしまった服、「万が一、体重が戻ってしまった時に着るかも」と考えず「一匹でも多くのワンコが救われますように」と思うと貧乏性なワタシも心置きなく処分できる。

物を捨てられないなら買わないこと、を心がけてはいるもののやっぱり本当に物が捨てられない。破けてたりしたら簡単だけどそうじゃない物っていつ捨てるの??

今朝、箱を外に出して出かけた。帰ってきた時には収集されてなくなっていた。
でもちょうど同じくらいのサイズの箱が玄関に残されていた。何何??

わーい!寄付をしたら私にもご褒美が来た~~♪
d0145173_1130255.jpg
日本から友人のDちゃんが誕生日のプレゼントとして送ってくれたおつまみ配給便。会社ではお土産のかもめの玉子とか食べてたなーととても懐かしい味でした。ありがとね、Dちゃん。
[PR]
by YummieD | 2008-09-24 22:58