アリゾナ→カリフォルニア→オハイオ→テキサスと犬連れで引越し。アメリカ広し所替れば、4州目となるテキサス州ダラスでの犬sとワタシの生活を綴ります。


by YummieD
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新鮮たまご

自分の気に入ったものを友人から「これ、良かったよー」ってすすめてもらって本当に良かったモノってたくさんある。でも過去にお店で知人に「これ、すっごくいいよ」ってすすめられ、へー、そう。で終わりにしようとしているのに、彼女からの「買ったほうがいいオーラ」が強く、その人がそんなに良いって言ってるモノを目の前で否定出来ず、結局買ってしまったこともあるワタシ。高価なものや大きなものじゃないから、まあいいかって。でもやっぱり不要なものだったりするのよね。

過去ログでローカルのファーマーズマーケットのことを書いたことがあるが、ワタシとしてはホールフーズに行くより近くて安くてオーガニックの野菜が手に入るしオススメの場所。しつこい様だが、そこで売ってる卵なんてアメリカでは見たことないくらい黄身が黄色くて新鮮。アメリカの卵の黄身って日本のより色が薄い。だから玉子のサンドイッチを作っても最初はなんでこんなに色がうすいんだろーって思っていた。

数週間前の土曜日の朝、いつもの様に野菜や玉子を買った日に友人のY子さん夫婦と家で夕食を一緒にした。このファーマーズマーケットの話は前々からしていたけれど、なかなか行く機会がないと言っていたY子さんに、ほほ半強制的に玉子を持ち帰らせる。「これ、すごーくいいよ♪、まっ黄々なんだからまあ、試してみてよ。」 きっとワタシからは「持って帰らなきゃダメオーラ」がきらびやかに放出されていたに違いない。

そして、翌日の日曜日の朝、新鮮なうちに玉子食べようと思い目玉焼きを作るために玉子をフライパンに割って落とす。

...。

な、 なに~、なんでこんなに色が薄いの?!!決して特別薄いわけではないが、ゴクゴク普通の卵の黄身の色だ。Y子さんちの冷蔵庫には既に卵があっただろうに、半強制的に持って帰らされた挙句、こんなフツウの玉子でな~んだって思っているでしょう、きっと。

自分の姿、例の知人とかぶりましたよ、しっかり。人にモノをすすめるのってどんな時も押し付けがましくちゃいけないわと反省。

Y子さんと次に話した際、店の主人でもないのに、あんなペールカラーな玉子だったことを謝罪、こんなことは始めてだったのよーと言い訳つき。

そうして今週、Y子さんからこんな写真を送ってもらった。
先週の土曜日にファーマーズマーケットへ出掛けて例の玉子を買ってみたそう。
d0145173_7222586.jpg

←色が濃くって

d0145173_7224378.jpg


←新鮮~!
だよね?(とちょっと弱気) あー良かった。

ところでワタシは、生卵におしょうゆをたらして食べるご飯がだーいすきっ!アメリカでは生卵は絶対に食べちゃいけないものなんだけど、知らなくて最初に来た頃は堂々と食べていた気が...。日系スーパーでは「生で食べられます」って書いてある玉子が売られていたけれどあれって何が違うのでしょう?新鮮さ??あー食べたいな、玉子のごはんー
[PR]
by YummieD | 2008-09-04 16:53