アリゾナ→カリフォルニア→オハイオ→テキサスと犬連れで引越し。アメリカ広し所替れば、4州目となるテキサス州ダラスでの犬sとワタシの生活を綴ります。


by YummieD
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

静かな1日、寂しい夜

というのは、Haleyが家にいないからである。

今日はHaleyのCamp Bow WowでのInterviewの日であった。Camp Bow WowはDog Day CareとOvernightサービスの他、Humane Societyと協力をしてホームレスドッグのフォスターをし、ウェブサイトでも里親探しを手伝ってくれている。
元々はケーティーが他の犬とは問題があると思っていたのでCamp Bow WowのオーナーのエイミーがHaleyの里親探しを手伝ってくれると聞いたときは本当に小躍りしたものだ。

新しくとても清潔な施設で、親身になってくれたオーナーのエイミーを始めスタッフの人はもちろん犬好き。どの人も家で4匹飼っているとか5匹飼っているとか。うーんすごい!

もちろん、Haleyがこのデイケアに入居するためには、ワクチン注射、避妊手術の確認の他、個々の犬の気質にもよるため必ずEvaluationが必要となる。1日他の犬に対してもどのような行動をとるのか確認することになる。

午前中にHaleyをドロップし、夕方エイミーに会いに行くと、最初だけ怖がっていたけれど後は全く問題なく他の犬達と遊んでいた、ということであった。だからこのまま預かることも出来るし、家でそのままフォスターを続けてもいいし、私たち次第、Humane Societyとの連携とウェブサイトでの里親探しはもちろん手伝ってくれると言ってくれた。

本当は新しい家族が見つかるまで家においてあげたい、だけどデイケアではもっともっとたくさんの人や犬たちが出入りし、家で預かるより自然にSocializeされるだろう。それにウェブサイトを見た人たちが営業時間内にCamp Bow Wowに気軽に来れるのであれば、もっとチャンスが広がるのではないか。

今日のところは連れて帰るつもりだったが、問題なく遊んでいるようならこのまま一泊させてみようということに。土日は営業時間も短いので土日だけ家に連れて帰る、または平日でも朝夕の送り迎えをするということも出来る、とエイミーは言ってくれた。でも、いつかは手放さなくてはいけないのなら早いうちにお別れしたほうがお互いのためにいいのかもしれないね。シェルターに行った時は悲しかったけど、あんなにたくさんの犬好きのスタッフがいるCamp Bow Wowに行くのだから大丈夫だね。

Haleyは私やJ男が出かける度に後追いしてヒンヒン泣いていたけれど、今日は逆さま、ワタシが寂しくて泣く番だね。チョロチョロと何処にでもついてくるし、ゴミ箱はあさる、ワタシが2階へ上がればケーティーと我先にと争って階段を上ってきていたけれど家が急に静かになったよ。ケーティーはなんだか気抜けしてるみたい。あいこはリラックスしてるけどね。

d0145173_136371.jpg
←土俵にされてしまったカーペット。まるで千秋楽が終わったように静かでガラーンとしていた。


ワタシは子供すらいないが、なんとなくお盆に孫が遊びに来て、帰っていった後のおじいちゃんおばあちゃんの寂しい気持ちが分るような気がした。今後どうするかキチンと考えなくちゃね。
[PR]
by YummieD | 2008-07-28 20:37 | 犬S