アリゾナ→カリフォルニア→オハイオ→テキサスと犬連れで引越し。アメリカ広し所替れば、4州目となるテキサス州ダラスでの犬sとワタシの生活を綴ります。


by YummieD
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

WHAT A DAY! Ⅱ

シェルターからの帰り道、J男に電話をし事の次第についてメッセージを残した。
金曜日で少し早めに帰って来れることになったJ男から電話があり、これから一度家に帰りシェルターに話をもう一度聞きに行き、里親が見つかるまでは家で面倒を見てあげよう、ということになった。

シェルターにもどると例の女性はJ男も一緒のワタシたちには少し態度を改めてきて説明をしてくれた(アメリカでは良くある、こういうこと)。犬を預けてからまだ5時間くらいだが、この犬は5日以内に飼い主が現れない限り6日目には殺処分されるということに決定されていた。その理由の一つとしては先程同様、ころころの子犬ではない、吠える、SNAPしようとした、ということである。犬にとっては大きい犬や殺された犬のニオイがあるシェルターでは恐ろしさからそんな行動に出ることもあるとのが、少しでもそういう反応をした犬はアダプションには出せない、と言うのだ。正直、あなたのその態度では噛みたくもなりますよ、と私のココロ。ワタシ一人の時とは違って、希望であれば5日間飼い主が現れない場合は6日目に連絡をするのでその時に私たちがアダプションしても良い、とか彼女はこの犬は5日以内にはどうにもならないと確信しているようで、今日からフォスターホームとして家に連れて帰ってもいい、等といくつかのオプションをだしてきた。J男が中を見せてもらうよう頼んで犬に会いに行った。チョコン、と座っていてたったの短い間しか一緒に過ごしていないのにと早く帰ろう、帰ろう!というようにワンワン吠えていた。

それにしてもキレイなシェルターだ。どこかのDOG BOARDINGよりキレイなくらい。今日の夜は留守にするため犬だけを残すのは危険なのでここなら安心と、一晩置いて明日フォスターとして引き取りに来ることにした。

一泊預けるには安心したシェルターだったか、正直疑問が残った。あちこちのシェルターを見に行ったことがあるが、ここの犬猫はどの子もきれいで本当にカワイイ。そして犬のシェルターは満室ならまだしも空室があった。私たちの犬の他にはゴールデンリトリバー(多分純血)とチワワしか見かけなかった。満室ならまだしもなぜこの子は6日目には処分されるの?
このキレイなシェルターには、今までになくすごく冷たい気を感じた。

さあ、明日からケーティーと仲良くできるかとても心配だ、でもやらなくては。
[PR]
by YummieD | 2008-07-11 23:15